離婚したらどうなる!?住宅ローンの痛手

離婚したら家は売ったほうがよい?

離婚をしたら、夫婦で協力して築いた財産は平等に分配することになります。家も共有財産のうちの1つですが、住宅ローンが残っている場合には単純ではありません。住宅ローンはマイナスの財産ですが、これも分配の対象となります。夫のほうが多く頭金を入れていた場合などには、財産分与においてその分も考慮されます。裁判になったら基本的には妻と夫で共有財産を半分ずつに分けることになりますが、話し合いで解決することも可能です。家を売ってローンを完済できるのなら、分配しやすいお金にかえたほうが後々のトラブルを防げるでしょう。夫が住宅ローンの返済を続けて、妻と子供が住み続けるというケースでは、夫がローンを滞納して家を追い出されてしまうというトラブルが起こることがあります。

オーバーローンとなっている場合

オーバーローンとなってしまっている場合には、家を売ってもローンを完済できません。抵当権がついたままになりますので、原則としてそのような物件を買おうとする人はあらわれず、結局家が売れないということになってしまいます。1つの選択肢として、そのまま住宅ローンを払い続けてオーバーローンの状態が解消されるのを待つということがあります。すぐに家を売りたい場合には、任意売却という方法を検討しましょう。しかし、任意売却は基本的に住宅ローンを払えなくなった人向けの手続きとなるので、住宅ローンを問題なく払えている場合にはよく考える必要があります。例えば、ブラックリストにのってしまうというデメリットがあります。まずは専門業者に無料相談を受けてみるとよいでしょう。