任意売却の残債と保証人問題

保証人がいると任意売却はできないのか

住宅ローンを滞納してしまうと、債権は銀行から保証会社に移ります。いわゆる代位弁済が行われるわけですが、その保証会社からローン残債を一括返済するように督促状が届くことになります。そこで競売を避けるために任意売却を行い、少しでも残債を減らそうとすることになるわけです。ところが、住宅ローンを組む際に連帯保証人をつけている場合には、債権者は債務者から保証人へと返済請求先を変えます。つまり、任意売却によって回収できる金額が減るよりも、保証人からきっちりと残債を回収しようというわけです。そうなると、任意売却を提案しても却下される可能性が高くなります。住宅ローンを組む際には、そのようなリスクが伴うことにも注意しなければなりません。

保証人に迷惑をかけない方法とは

債権者からローンの残債を返済するように請求された保証人は、それを拒否することはできません。そのような迷惑をかけないためにも、まずは任意売却の専門業者に相談する必要があります。専門業者であれば、債権者と交渉して保証人への請求をしないように頼むことが可能となります。ただし住宅を売却後に残ったローンの残債は、分割返済でしっかりと払うことが必要になります。債権者も返済の目処が立たない保証人に固執するよりも、少しでも回収の可能性が高い方法を選ぶことになります。そのために経験豊富な任意売却の専門業者を探して依頼することが大切です。また早めに任意売却を検討して、少しでも有利な条件で買い手を探すことも必要と言えます。