住宅ローンが払えなくなった時の売却手段

任意売却使えば売却可能

購入した住宅のローンが支払えなくなったときには大変です。こういう時は任意売却を使って住宅を売り払うのが最も理想的な手段と言えるでしょう。基本的に住宅はローンを利用して購入した場合、購入者の判断で売却する事ができないです。
抵当権と呼ばれているものが設定されているので、取り外さないといけません。銀行から住宅ローンを借りている時銀行に抵当権があるので公証を行い外してもらうのが基本です。専用の不動産コンサルタントを利用すればローン利用者と金融業者の仲介になってくれます。
仲介人の不動産コンサルタントがスムーズに抵当権を抹消できるように交渉してくれるので便利です。売却金額がローンを下回ったとしても売ることが出来るので借金を減らす事ができます。

競売と比べると良い方法

競売を利用して住宅を売却する時には市場価格を大きく下回る金額で売り払う事になってしまいます。これでは借金も結構残ってしまうのであまりいい手段とはいえないです。任意売却の場合は競売とは違い市場価格に近い金額で売却する事ができるので最も理想的な売却方法と言えるでしょう。
債権者と話し合いをすることによって無理なく返済することができるので、こういう部分も魅力と言えます。基本的に競売の場合は不動産業者から強制的に立ち除きを迫られてしまうのがデメリットです。交渉の出来る任意売却は債権者を話を行い引っ越し時期や明け渡しの時期を調整できます。
引越し先が決まってからの明け渡しも可能なのでローン利用者にとっては理想的です。