破産待った!!任意売却で住宅ローンの見直しを

住宅ローンが払えないときにはどうする?

人生で起こった様々な問題によって、住宅ローンが払えないという状況に陥ることがあります。そんな時には、現状を整理しながら、これからの道筋を立てていかなくてはいけません。まずは生活費の見直しや、金融期間での住宅ローンの返済計画の見直しを行って返済額や返済期間を相談し交渉をしていきましょう。それでも住宅ローンが払えない状態が続くのであれば、最終的には破産となって強制的に金融機関から自宅が競売にかけられてしまいます。しかしその前の段階で住宅ローンを法的に減らす方法を試みることも必要と言えるでしょう。その場合にお勧めなのが、任意売却という方法です。任意売却とは、住宅ローンの返済が難しくなった場合に不動産会社が債務者と債務者の仲介や調整を行って、住宅市場で担保のついている不動産、すなわちマイホームを売却し、住宅ローンを返済する手続きを指しています。

あなたが最終手段をとる前に

差し迫った住宅ローンを何とかしようと、慌てて破産という最終手段を選ばなくても、それぞれのケースに合った対処方法を選択することが重要です。
住宅ローンを払えなくなると、債権者である金融機関は裁判所を通じて強制的に住宅ローンの滞ったマイホームを売ることになります。この手続きを競売といいますが、競売にかけられてしまったマイホームは完全に債務者の所有ではなくなってしまうので、なんとかこれを回避するには任意売却がお勧めなのです。任意売却は裁判所が介入しないため、債務者自らの判断、つまり任意で行う事の出来る融通の利く手続きとなっています。任意売却であれば金融機関との合意を得る事で、住宅ローンを残したままでも担保物件の差し押えや低額での処分を避けられるのです。

リースバックとは資産を売却し、その後も、その資産を使用しながら、買い主に使用料を支払う方式のことです。